So-net無料ブログ作成

都合により [日常]

先の更新から1年弱。
今年いっぱいで馬をやめることになった。小娘とも別れることになった。

「来年の自分」の行き着いた先がそこだったのは、10年前から見えていた道筋の一つなので、まだ馬のそばにいる今は、残念というより当然のような感覚すら覚えている。生活の中に馬がなくなってからどう感じるのかは、まったく自分でもわからない。
もっとも、恒久的なのか、しばしの中断なのかは、今後次第。

馬に乗りたい気持ちは変わっていない。馬に対する気持ちも変わってはいない。変わったのは環境・立場・そこに派生する諸事情。清算できない、飲み込めないものども。
病気や失業が理由ではありませんよ(笑)

ほとんど更新がないにもかかわらず、今でも自分以外でここに辿り着く方がいるようで、古い記事ばかりだがこのままブログ自体は残しておこうと思う。
今に至るまでの記憶や感覚、思考したことまで手放す気はなく、頭の整理ついでに書きたいこともある。
ただ馬をやめてからだと、口頭馬術家になってしまうのがなんともはやいたたまれない(苦笑)





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

思案中 [日常]

更新していない間にさまざま変化があった。

馬はやめていないし書きたいことも溜まっているが、果たしてこのままblogを続けたものか思案中。

ちなみにわがままな小娘は、はや8歳。2年の間にむっちりした身体の大人へと変貌を遂げた。見た目だけ。
いや、頭の中身も少しは大人になったか。乗ってより楽しい馬になってきた。

去るものがいて、来るものがいて。

来年の自分もどこにいるのやら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

書きたいこと [日常]

書きたいことがなくなったわけではなくて、時間が作れないぃぃぃぃ。
あれもこれもあるのに…忘れそう…。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ほそぼそと [日常]

乗ってます。

ようやく馬場も良い状態にあたる週末がでてきた。
小娘、Al、そしてDolly。
何をするというより馬の運動。

しかし、Dollyよ。。。
久しぶりに乗ってつくづく「ほんとうにKさんを尊敬する」と思った。
いつぞやの御殿場で見てはいたが、いやはやあの体力というか、一息入るまでの動きっぷりには恐れ入った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

欠乏状態 [日常]

腰は年末に完治した。
元日、強風の中、「どうでも外に行く!」と主張する小娘に乗ったものの、轟くように押し寄せる風に、小娘の方からギブアップ。予想と違った上、怖い思いをしてへこんでいた。

年明けからは雪が降って溶けて凍って、引き馬で歩くのが精一杯。
小娘は雪が好きらしく、積もった状態の馬場に出ると、あっちでしゃくしゃくこっちでしゃくしゃくと雪を食べようとするので、犬の散歩のようになる。
まあ、それもまた楽しいが。
閉じこもりの後でも、雪の方に気を取られているので、後で踊る事は殆どない。

先週は土砂降りの雨が降ったそうで、グランドは今しばらく最悪状態が続きそうだ。

ああ、馬に乗りたい。。。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

腰やった…。 [日常]

本業は8月~10月末まで季節労働者のように目一杯。
10月末に無理矢理長期休暇を取ってAJWCのアシスタントに行き、なんだかんだと11月もばたばたし、一方で乗って動かした方が調子のよいらしい小娘の運動もしたいのでクラブに行き、その前からずっとぐるぐる考え込んでいたこともあって、11月末にはついに、休養をいれてクールダウンしないともう無理!と爆発してしまった。
小娘には例え運動だけとはいえ、自分か先生しか乗らないことにしているので、出張続きで忙しいのは承知の上で、しばらく休むから、時間がある時は乗ってやってと頼んでおく。

そして引きこもりを満喫していた最初の日曜、朝起きたら、腰に今までにないような不穏な痛みを覚えた。立つ時に腰が痛んで強張り、伸ばせない。
一応立てる、座ることも出来る。立って少しすれば歩けるし、軽くなら走れもする。
ぎっくり腰経験者は身動きひとつ取れなかったと言っていたので恐らくちょっと痛んでいるだけだろうと、丁寧にストレッチをして、その場は良くなったと思った。

しかし日に日に座り姿勢がきつくなり、立った後普通に歩けるまでに時間がかかるようになり、ついに諦めて治療を受けに行った。
ぎっくり腰ではないようだが近い状態ではあるらしく、「痛みが取れるまで安静に。馬?乗れないでしょ?」と言い渡された。確かに、台を使えば乗れるかもしれないが、降りられる自信はない。

しばらく休むとは、こういう意味ではなかったのだが…。
「願い事をするときは慎重に」というが、どうも強く思ったり宣言したりする時も慎重にしたほうがいいらしい。

積もり積もって [日常]

2005年に始めて、書きたい事を書くままに続けてきて、気が付いたら10万アクセスを超えていたようで。
賭けてもいいが、1/3は自分だろう。www

書きたいことを書く、と同時に読みたい物がないから自分で書いていたという理由もあって、読み返す事はかなり多い。日々の積み重ねを経た自分と過去の自分で、考え方は変わったか、考えはぶれていないか、間違った事は書いていないかの検証をしたり、あるいは単に読み物として人の経験を読むように読んだり。

最近、乗らないことが増え、レポート的に備忘録を書く事もなくなってきたものの、ふと思いつくことは日常的にある。
仮に乗りたくないと思っていても、あの馬のBitはこれの方が適しているのでは…とか、Warmup後にこういう動きを取り入れてみたら…と考えているあたり、依然として馬に嵌っているのは間違いない。
そしてある時ある馬の動きや反応の感覚と記憶を反芻しては、あの感覚をもう一度…と思っているあたり、「本当に心から馬に乗りたくなくなることは絶対にない」と断言された人物評は、正しいと思う。

別に小娘を引退させるからでもなく、今年は何かとShow日程にはずせない予定が重なる事もあり、そういう時は地道にぼちぼちやるさ、というところ。当面の楽しみは、リハビリついでに小娘をBarebackで散歩に行ける馬にしようというささやかな野望である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

原因究明中 [日常]

長期出張中の小娘は、現在、全体的な筋肉の状態は回復して、故障の原因を究明中。
関節か、骨か、腱や筋肉か。
人も道具も設備も、生産地は凄いと感じる。それが需要があるということか。

放牧禁止で運動は速歩まで。
故障以外は元気一杯と聞き、「だんだん可愛くなってきちゃって…」と聞いて安堵する。
大丈夫。大事にしてくれる所と、真摯で経験を積んだ獣医さんがついていてくれる。

5月後半にでも様子を見に行くかと思案中である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

へこたれても [日常]

冬休みは30日から2日まで馬日程を確保。

他意があるかないかわからない人の言動に振り回されても仕方ない。
へこたれても、そのまま引き下がっていては乗れないだけだ。ただ性格的に、引き下がらない事はへこたれるのとどちらがきついかというくらい、きつい。それは自分の問題。
本当に馬の事を考えているなら、中途半端な仄めかしなどせずに、明確に問題点を指摘するべきだと思うが、責任回避なのだか、言動に自覚がないのだか。
馬屋で日常的に馬の世話をしている人にありがちではある。

4日間の日程の前半2日はやられっぱなしで、さすがに引いてる場合ではなくなった後半2日はへこたれても乗った。

立ち姿を見ていて乗って体の様子を見てみたかったDunnyと、変わり具合を感じたかったAl。
それと毎日小娘の引き馬。引いているといつも出来心がうずくのだが、時々張り気味に自分の後ろで踊る姿とその後少々「あいたたた」とびっこを引く様子に躊躇する。

思い出せ [日常]

どれほど馬に乗る事が好きだったか。
ただ馬の背にあるだけで、どれほど幸せになれたか。
馬の動き、馬の反応、体温、匂い、音を、身体と頭の全てで感じる事が、どれほど嬉しかったか。

思い出せ。過ぎたこととして誤魔化すな。

続きを読む


どうにか [日常]

AJWCの時期にあてた休暇が取れそうな見込みが濃厚になってきた。

一ヶ月ぶりのKid。
様子見と身体慣らしとが目的だが、たまたま見ていた先生からの指摘で、途中からHorsemanship姿勢の維持が課題となる。
シートが左右にぶれるのを姿勢を良くする事で最大限目立たせないようにする。
だが固まってコントロールがぎこちなくなるのは論外だ。
乗り換わって手本を見せてもらい、イメージを掴む。
Walk、Jog、Lopeまで、ショートターンやPole越えを混ぜながら体を馴染ませていく。
それが出来るのも、Kidの動きにムラが少なくなっていて、一定の動きで淡々と動けるようになっているからだ。
そして危惧していたほどに体が鞍に馴染まない事がなかったのは、適当ながら地道に続けているストレッチの成果だろう。何とかなりそうという希望が少しは見えてくる。

翌日は久しぶりのAlに少しだけ乗る。
相変わらずの大きなストライドにぐらつかないようにする事で、体を緩めることと、姿勢のおさらいを目的とする。
まずJogまで動きを見て、整ってから、姿勢に意識を向ける。前日より大分馴染んできた感があった。

来週はサドルを取りに行って、Showセットを纏めて、自分の荷物を作って…。
早いなぁ。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

完全に… [日常]

いつぞやの八ヶ岳HSはほぼやけくそでエントリーを決めたが、今回はほぼどころではない。
どうも乗らない期間が続くと、やけを起こしやすいらしい。
実際には、当然ながら決めるにあたり、馬、その他に関して先生と打ち合わせもしたのだが、開き直りが根源にあることは否定しようがない。
何かを証明したいのか?なにを?誰に対して?
その期間は、誰に憚ることなく馬に乗れると思うのが最大の理由かも。

このまま何事もなく進めば、AJWCは毎日Showingで大忙しになる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

二ヶ月弱 [日常]

AJWCにエントリーするかしないかを検討するには、一度乗っておきたい。
三連休の最後の日は帰宅して休養にあてるつもりでいたが、見せてもらった予約表だと、馬の稼働状況より自分の都合を押し通さずに乗れる可能性は、最後の日にしかない。
結局、休養は諦めて可能性に賭けることにし、滞在を一日延ばした。

夕方、先生のガイドで最後の外乗のグループを送り出して、今日一日夕方までのんびり出来たkidを馬装する。
ブラシをかけながら、怯むそぶりする箇所がないか注意を払う。
酷い虫刺されで痒くてしょうがない肩の辺りから背中の中ほどまでは、身悶えしそうに気持ちよがるが、そこから腰へブラシを動かすと反応が変わる。筋肉が張っている。サドルを乗せる前に、リニメントを腰につけて軽くマッサージしておく。
たっぷりFly Sprayをかけ、Correctionに戻したBitをつけて、馬場へ。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

長文不可 [日常]

事情により携帯からしかアクセスできない日が続いているため、更新できない。
もっとも、本業優先で週末は自宅休養にあてているから、書く事もそうはないのだが。

乗りたくないと思うのと休養期が重なっていてよかった。
乗りたいのに乗れない!行けない!と余計なストレスを抱えずに済む。

そんな折、AJWCの要綱公開。
乗れていなくても出るべきか。そもそも例年通り大会期間中の一週間を休めるのかも不透明。
休めるなら出たいが…。さて?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

休養中 [日常]

義務として果たすべき本業に悪影響をださないために、週末は休養にあてた二度目の土曜日。
今まで本業の忙しさが理由で休んだことはほとんどないが、行きたくないという気持ちが手伝って、大仕事が終わるまでの間、せめて二週間は休むことを決める。
今週は実際、本業的には休んで正解だった。

先週末は北海道大会出発準備中の先生からの業務連絡に応対するのも精一杯だった。この日、以前よりは進歩のあったドラム缶が、オーナーの近くのクラブへ移動したという連絡にも、いなくなることを寂しく思う、多分もう二度と会えないだろうからもう一度この馬を記憶に焼き付けて見送りたかったと思うのは、ただの感傷と切り捨てた。

今週、テンションの巻き上がった浅い睡眠の中で見た夢には、うちの馬達が必ず登場していた。

乗らない結果である乗るための筋肉の衰えは防げないが、ストレッチだけは続けている。
連続Pole越えの練習のためのPoleの配置を考えたりもする。

休養が足りてくると理由が見えてくる。だが妥協点が見えてこない。

しばらく [日常]

書くことがない状態が続いている。
ずっとになるのか、しばらくの間のことのなのか、不明。

頃合いなのか、疲れただけか。乗りたくない。行きたくない。
休止期間を作ると復帰時につけが全て跳ね返ってくるから続けてきたが、長く続けていれば、こんなこともあるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

明日から夏休み [日常]

夏休みは出来るだけ9月に取りたかったのだが、仕事の都合でこれからはこの時期になりそう。
休み明けからは2ヶ月間の突貫仕事が待っていると思うと、休みの前のわくわく感が無く、どうも今一つ気が乗らない。
とはいえ、八ヶ岳HSが始まる。明日から現地入りだ。

今日輸送された馬たちは元気に落ち着いただろうか。あまり暑くならないこと、去年のような雨続きにならないことを祈る。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

もう再来週 [日常]

先週、八ヶ岳HSのエントリー種目を決めた。
Horsemanshipは絶対外したくなかったが、さて後はどうするか。結局Kidを借りる事になったので、選択肢はPleasureとTrail。余りやらずにいると、ただでさえ無いに等しい勘が鈍るということで、Trailにもエントリーすることにした。

エントリーを決めたと言っても、うちではパターンをパターン通りに練習することは一切しない。
あくまでも1つ1つの動作の組み合わせがパターンになるのであって、全体を繋げたパターンやコースを1つの物として扱う事は弊害が大きすぎる。同じ流れを繰り返す事で、馬は容易にそのパターンを記憶してしまう。その結果、先読みして合図を待たなくなったり、注意力を失ったり、逆に本番のシチュエーションが慣れて覚えたものでなかった時に、怯んだりしてしまう可能性がある。
人も馬も、その1つ1つの動作に習熟しており、十分に自分をコントロール出来れば、どんなパターンやコースを提示されても問題はないわけで、わざわざ全体を通しで練習しなくても、単発でそれぞれの動作を練習しておけばいいだけのことだ。

Kidと馬場に出て、とりあえずPoleを1本跨げる位置に置いたが、やることは先週に続いて基礎固めの予定。乗ってみた様子で、先に進むかどうかを決めるつもり。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

鞍数の不思議 [日常]

乗馬を始めてから20年くらいになるが、鞍数は100鞍あたりで数える気を失くした。
理由の1つは100鞍にたどりつくまでが、途中でブランクがあったりしたせいで随分何年もかかって、数えるのが馬鹿らしくなってしまったことにある。(最初の100鞍にたどりつくまでブランク込みで5年ほどもかかった)
故に、稀に余所に乗りにいった時に「何鞍ぐらい乗ってますか?」と聞かれると、困ってしまう。たいていは「数えていないのでわかりませんが、月に2度位で○○年位続けています」と答える。
敢えて平均値から概算するなら、過去の分を怪我のブランクなどを含めて均すと年間50鞍ほどで、今も大体それくらいだから、15×50+100で850鞍ぐらいか?
よく引き合いに出される「鞍数」だが、過去に出会った様々な人たちから考えるに、実は別に大した意味がないのではないかと思う。評価基準として目安にすらならないと思ったのが、数える気を失くしたもう1つの理由である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

梅雨 [日常]

これが終わったら乗ろうとか、小降りになったから乗ろうとか考え、さて準備を…と動き出そうとするたび、尽く天候にやられた2日間。
馬場の状態に関してはもう割り切ってとにかく乗るつもりでいたのに、幾らもう寒くないとはいえ、流石に屋根の下から1分外にいた位でもびしょ濡れになる土砂降りでは諦めた。

仕方がないので、日曜日は掃除で繋ぎ場へ出した馬に、徹底的にブラシをかけて暇を紛らわせた。
固めのブラシ一本でどこまで奇麗にできるかへの挑戦。
全身のどこをかけても馬が怯む素振りをしないように、力加減とブラシの角度、動かす方向に注意を払い、微調整しながら最適と思われるやり方を身体にプログラムしていく。上手くはまると、プライバシーを主張する馬や痛いところのある馬、すぐ飽きてしまう馬でもじっとしているので面白くなる。

Y嬢もKさんもそれぞれに馬を構っていた。大雨は嫌だが、そんな天候だからこそ馬も人も寛げる。

いつも最後に回される小娘が、ストーカーのようにその様子を凝視していた。Dandyが馬房で構われている時などは、本当にストーカーのようだった。そのMartyも、最後に丹念に頭の先から足の先までブラシをかける。
毛並みに沿って、一定の力と角度で、少しずつ範囲を区切って、滑らかな手ごたえになって艶が出るまで、繰り返し繰り返しブラシを動かす。基本的に自分に関心を向けられることが好きな性格で、快楽主義者でもあるので、気持ちいい限りにおいては、飽きただのとジタバタすることなく構われている。
掃除を終えて、洗い上がりと同じ位艶々になった小娘を馬房へ戻す。また膝から下の皮膚状態が良くなくなっているので、気をつけなければ。

来週はせめて降らないでくれるといいのだが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。